ホーム>とこマケとは>講義の紹介>第1回「広告とは」

第1回「広告とは」

広告を学べば自己紹介が、変わる。

 

ぼくは、人見知りだ。

 

 

 

と。友だちによく言われる。

 

でも実は、そこまで自分が人見知りだとは思っていない。つもりだ。

 

ぼくは自己紹介ってやつが苦手なだけなんだ。



どこに行っても聞かれるのは大学と学部と趣味。

新歓でもいろんな人と会ったけど

なんだか、その場限りで、結局、誰が誰だか覚えてない。

 

どうせそんなもんだと思ったら

何を話せば良いか、とたんにわからなくなる。

 

 

ほんとは、いろんなところに出かけて行って

友だちも増やしたいし、せっかくの大学生活もっと楽しみたいと

思う。ほんとは。

 

 

別に、しゃべるのが上手くないぼくが、

自己紹介で人に覚えてもらうためには、どうしたらいいんだろう・・・?

 

 

 

 

 

 

「広告」って

商品の良いところを人に伝えるもの。

「商品の自己紹介」とも言えるでしょう。

 

では、マーケターは

どうやってその「自己紹介」を作っているのでしょうか。

 

その方法を学べば

初めての場での自己紹介も

就活の面接も

自分の団体のいいところを紹介するのも

きっと上手くいくと思います。

 

 

例えば本講義で学べること・・・

 ・モノの良いところを見つけるためには

 ・人はモノを買っているのではない・・?

 ・最高の広告って一言で言うと「まるで〇〇な広告」

                                   などなど・・・