ホーム>講義レポート>過去の講義>15期第3回「コピーとは」

15期 第3回『コピーとは』 参加者9名 2009年8月8日(土)

待ちに待った夏休み。

せっかくの夏だから、目いっぱい自分に刺激を詰め込みたいなって思ってる私。

「考える」ってことの刺激を受けるならとこマケだ!って思って期待してる。

そういえばこの前、石田さんが「コピー」はクリエイティブだ!って言ってた。

クリエイティブってどんなものなんだろう? どうやって創られてるんだろう?

分かるようになると、友達との会話の中でウィットに富んだこととか言えたりして?

よし!頑張るぞー!

 

............................................................................................................................................................................

 

 

■石田さんの講義

 

今回のテーマは「コピーとは」。

でもその前に、教室に入ってびっくりした。

距離近っ。体温までも感じそう?!な空間で、石田さんからの思いがビシビシ伝わる。

最近手がけた広告の話や、今話題になっている人の話を例にして。

分かった!コピーって何をどう伝えるのかっていう表現の話なんだ!

講義を聴きながら、「何をどう伝えれば心に響くんだろうか」って、プロの現場の活かし方を私の日常生活に置き換えて考えてみた。

日常会話にもレポートを書いていくのにも、活かしていきたいな。

 

「伝わる」ってこういうことか、って考えてく中、

みんなで取り組んだラダリング法で、今まで見えていなかったものが見えた気がする。

ある物が私たちにとって本質的に必要な理由。心に響く表現が出てくるのはこの方法を使うから?

なぜなぜなぜ?って考えて、

みんなで話し合った結果を石田さんにプレゼン!

 

 

 

 

 

 

 

 

<プロの現場の話に興味津々>

 

 

 

 

 

 

 

 

<立ち上がって、石田さんに挑戦!>

 

............................................................................................................................................................................

 

 

■ディスカッションの風景

 

今まで考えたことがなかったようなものを、見て、聞いて、感じて、飲んで?、考えていくのがとこマケ流。

「こんな考え方どうだろう?」「あー、それそれ!」「創る立場としては・・・」「買う立場なら・・・」

こんな会話のキャッチボールをしながら、共感と突っ込みを積み重ねていく。

思わず身振り手振り。身を乗り出したりもして。

真っ暗な中でのディスカッションもやります!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<見て聞いて触ってディスカッション>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<え?なんで暗いの?>

 

............................................................................................................................................................................

 

 

■プレゼンの風景

 

考えて、考えて、考え抜いたことを発表する。

一生懸命考えたことが聴いてくれる人たちに伝わるように。

ロジックと熱意と講義で学んだ方法を駆使して、プレゼンします!

聴いてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<「伝えたい」気持ちを前に!>

 

 

 

 

 

 

 

 

<スケッチブックを使って「分かりやすく」!>

 

............................................................................................................................................................................

 

 

■石田さんお勧め、あるデザイナーのビデオ

 

「表現をすること」を仕事にしている人の考え方って、どんなだろう?

何を考えて、どんなことをして、いいものを生み出しているんだろう?

そんな疑問がちょっとだけ解けた気がした。

量と質を積み重ねてこそ、いいものが出来上がっていく。

夏休み前に、何回も書き直したレポートと同じ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<プロのこだわりに感嘆>

 

 

 

............................................................................................................................................................................

 

 

■石田さんの講評

 

「切り口はよかった。だけど、もう少しシンプルにした方が良かったかな・・・」というアドバイスを

いただいて、はっとした。

考えれば考えるほどいろいろ詰め込んでみたくなるけれど、

シンプルさや分かりやすさが伝える時には大切だってこと、忘れてたかもしれない。

次回、リベンジします!

 

 

 

 

 

 

 

 

<今日の総括!石田節が効いてます>

 

 

............................................................................................................................................................................

 

 

【第4回講義のお知らせ】

 

次回は、8月22日の「ブランドとは」の講義。

なんでも大人気の講義らしい。そして、とってもハードなんだって。

ブランドの謎が解けるかな?

考える材料、視点、楽しさ、とこマケで仕入れなきゃ。

この講義が分かれば、私自身をブランド化できたりして?

次回も募集枠は限られているらしいから、早めに予約しとかなくちゃ!