ホーム>講義レポート>過去の講義>20期第3回「コピーとは」

20期 第3回『コピーとは』 生徒数20名 2012年2月12日(日)

とこマケ荘住人によるとこマケの振り返りレポート~その③「コピーとは」~

 

とこマケ荘3号室 単身赴任中の男性

 

 

僕は今、妻と子どもを残して大阪で単身赴任している。

 

最近、社内プレゼンが上手くいかなかったり、クライアントから契約を打ち切られたり、もうへこみまくり。

もう、どうしたら…。

 

そんなある日、会社からの帰り道に妻のお気に入りの服と同じ服を着た女性を見た。

その時僕の中で心の奥がぐっと熱くなった…。

「妻に、家族に会いたい!!」

でもなんだかメールや電話では言いづらい。

もう、どうしたら…。

 

この気持ちをどう表現したら伝わるんだろうか!

 

 

そんな時にフェイスブックで知ったのが「とことんマーケティング」。

 

「あなたの伝えたいこと、伝えたい相手にちゃんと伝わっていますか?」

 

まさに僕じゃないか!

 

仕事仲間に、クライアントに、妻に、子どもに。僕の想い、伝えなくちゃ。伝えたい!

 

社会人の参加も多いらしいし…

よし、一度行ってみるか!

............................................................................................................................................................................

 

■アイスブレイク

 

まずは緊張をほぐし頭の体操!

班に一枚ずつ配られた広告。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが何の宣伝をしたものなのか当てて見よう、だって!

う~ん…何だろう?

 

............................................................................................................................................................................

 

■前半講義

 

さあ、本日のテーマ「コピーとは」がスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石田さんが登場。とこマケをやっている理由を話してくれた。

今の日本を変えたい。そんな、熱い志を持った方なんだなぁ。

講義のお話に入る前に。

コピーのイメージを一筆書きで絵にして下さい!とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コピーに対するイメージって人それぞれ全然違うんだな。おもしろい!!

 

さあ、とうとう講義がスタート!

ふむふむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コピー」や「クリエイティブ」って聞くと何だか自分には遠い話かと思っていたけど、そうでもない?!

石田さんが恋愛に絡めてお話してくれたり、すごく分かりやすいしおもしろい!

自分の本当に身近な世界に、たくさんのコピーが溢れていることがよく分かった。

 

世の中って、めちゃくちゃ面白いじゃないか!!!

 

そして自分を含めたみんなは、クリエーターでもあったのか!

 

............................................................................................................................................................................

 

■後半講義

 

休憩の後はゲーム!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?そんなものに意味なんてあるの??ってもの。

なぜ?なぜ?なぜ…を何度も何度も繰り返すと!!あら不思議!!すごく、意味のあるものになったぞ!

 

僕も、世の中に必要のないものだと思いかけていたけど、そうじゃないのかも!

 

そういえば、こんなに物事をとことん考えたことってなかったなぁ。

「本当に伝えたいこと」ってこうやって見つけていくのか!

うーん、少し「本質」に触れた気がするぞ。

 

とにかくゲームは大盛りあがり!

思わず笑っちゃうのもあって、面白かったなー!

 

............................................................................................................................................................................

 

■ディスカッション

 

さあ、お昼も食べてお腹いっぱい!友達もいっぱい増えた!

さあ次はディスカッション!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お題はこの季節にピッタリのあの食べ物!実際に食べて、見て、商品を深く深く捉えてみる。

うおお!俄然やる気でてきた!

触ってみる。色は。形は。固さは。

他との違いって??

う~ん。違いがわかりにくい…ん?

「あれ!?これってもしかして!!」

…あ、思わず立ち上がって叫んでしまった!

 

............................................................................................................................................................................

 

■プレゼン

 

うわ!緊張してきた…。お!グループ年長者は僕なのか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よ~~し!張り切っていくぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやったら見ている人に伝わりやすくてインパクトがあるんだろう?!

他の班も工夫が凝らされているなぁ…。

えっ、同率1位だって?!こ、これは負けられない…!!!

 うーん、考えれば考えるほど、伝えるのって難しい!

 

............................................................................................................................................................................

 

■講評

 

石田さんからの講評!

でもその前に今回はOGさんからの講評も!!

細かいアドバイスを頂き、物凄く勉強になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【4期スタッフ 符川千恵さん】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【6期スタッフ 財家さん】

 

 

 

 

 

 

 

【7期スタッフ 玉泉京子さん】

 

そっか、とこマケって今年で11年目になるんだもんな。

歴史を感じるし、とこマケ愛が伝わってくるなあ。

 

石田さんからはピリ辛な講評を頂いた。

 

う~ん。あともうひと押し見せ方に工夫があったほうがよかったな…

アイディアに深さが足りなかった…。

あー!もっと提案出来たことってあったよな!

悔しいな…反省点がいっぱいだ…。

よし、リベンジ!次こそ優勝だ!!

 

............................................................................................................................................................................

 

■ビデオ

 

今回は最後に、あるデザイナーの方のビデオを観た。

その方のストイックさとか。デザインとは何か?とか…。

講義を受けたあとだからこそ、よりそのひと言ひと言が、心に響いたなあ。

特に印象に残ったのは「発想の貧困」という言葉。

もっともっと各々が自由に発想していかないと、と思えたなあ。

 

 

 

 

 

............................................................................................................................................................................

 

 

【第4回講義のお知らせ】

 

次回は、2月26日(日) 「ブランドとは」

 

ブランドって、とっても興味あるな。

ブランドって、どうやって出来るんだろう?

ブランドの質って、どうやって保っているんだろう?

僕とブランドの関係って?

 

今から楽しみになってきた!次も絶対行くぞ!